<<08  2017,09/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画『冷たい熱帯魚』感想


冷たい熱帯魚 感想

ネタバレあるかも 注意





冷たい熱帯魚見ました。

評価:☆☆☆☆☆(星5/5)

ストーリー:
熱帯魚屋を営む家族が、あることをきっかけに同じ町にある熱帯魚屋と関係をもつ。

その熱帯魚屋は、邪魔な奴は『ボディーを透明にする』とかいって殺しを何年とやっているやばい奴で

巻き込まれ、始末の手伝いをさせられる主人公の社本信行。

感想:

面白かった!!

邦画でここまでいい作品だなと思ったのはもしかしたら初めてかもしれない。

この映画は、1993年に起こった埼玉愛犬家連続殺人事件をベースとして作られたらしい。

予告にもあるように、人肉を細かくしたり、骨を燃やすシーンが何度もあるので

グロ苦手な人は注意。

骨を燃やすシーンで、燃やす前に骨に醤油をかけていて、それに関しては

映画の中で説明がなかったので調べてみたら、

バーベキューをやっているように思わせるためだとか。



女性2人のおっぱいも見れました。

感想って書いたけど、なんかあまり感想っぽいことかけてない気がする。



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ふ

Author:ふ
イカフライ最高

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。